食事でカルシウムを摂取しよう!|粗しょう症の予防ならカルシウム食品・乳酸カルシウムがオススメ

お問い合わせはこちら0120-06-6600

 

食事でカルシウムを摂取しよう!

食事でカルシウム摂取

骨粗しょう症予防には、何よりもカルシウムの摂取が効果的です。しかし現代の日本人の食生活では、必要な量のカルシウムを摂取することができません。
骨粗しょう症ガイドライン」では、1日に800mg(成人)のカルシウムの摂取をすすめています。以下にカルシウムを多く含んでいる食物をまとめました。
この表を参考にして、毎日積極的にカルシウムを取り入れるようにしましょう。

◆カルシウムが多く含まれる食品

  食品名 100gあたりのカルシウム量
乳製品 牛乳 110mg
プレーンヨーグルト 120mg
スキムミルク 1100mg
プロセスチーズ 830mg
魚介類 煮干し 2200mg
干しえび 7100mg
大豆製品 油揚げ 300mg
納豆 90mg
海草類 ひじき 1400mg
昆布 710mg

カルシウムの摂取に一番効果的だといわれている牛乳ですが、1回(コップ1杯)に231mgしか摂取することができません。必要量を摂取するには最低でも1日に4杯は飲む必要があり、これはだいたい牛乳パック1本にあたります。1日に牛乳パック1本を飲むというのはなかなか大変なことですよね。

そこで当サイト「骨粗しょう症予防のためのカルシウムガイド~乳酸カルシウム・野菜カルシウムの実力~」では、手軽にカルシウムを補給できて、骨粗しょう症の予防もバッチリ行える乳酸カルシウム食品野菜カルシウム」をおすすめしています。不規則な食生活やカルシウム摂取量に不安のある方、骨粗しょう症予防や進行を食い止めたいという方におすすめです。

 

Copyright(C)2007 乳酸カルシウム・野菜カルシウムの実力 All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】